胸痛

  • Q1 胸痛は病気のサイン?
  • Q2 病気が疑わしい (注意した方がよい) 胸痛とは?

A1 胸痛は病気と無関係なこともありますが,狭心症や急性心筋梗塞の症状として重要です

胸痛は心疾患,肺疾患,胸部の筋の疾患などの症状として自覚されることがあります.ただし,すべての胸痛が何らかの病気と関係がある訳ではなく,心配ない場合もあります.したがって病気のサインとしての胸痛なのかそうでないのかを区別することが重要になります.[胸痛]と一言で言ってもその内容は様々で個人差も大きいものです.症状を細かく分類することにより,前記の病気のサインなのか,あるいは病気の サインらしくないのか,ある程度判断できます.

  • 痛みの性状:圧迫感,押される感じ,キリキリする感じ,表面がチクチクする感じ...
  • 痛みの程度:激しく我慢できない,我慢できる.1 人で静かにしていると気になるが,誰かと話をしていると忘れてしまう...
  • 痛みの持続時間:数分以内,30分以上,1日中...
  • 痛みが出現するのはどのような時か?:階段を昇ったり,重い荷物を持った時,休むと数分以内に治る,安静時のみ,不定

A2 我慢できないほど強い胸痛,労作時 (体を動かした時) の胸痛

上記のように様々な[胸痛]がありますが,この中でも特に,[我慢できないほどの胸痛]は急性心筋梗塞や大動脈瘤などの重篤な疾患の可能性があります.また[体を動かすと症状が出現し,休むと自然に 症状がなくなるようなタイプの胸痛]は狭心症の可能性があります.

 

狭心症や心筋梗塞は命に関わる事もある病気です.胸痛を自覚して心配になったら,まず専門医を受診しましょう.

 


  • 〒372-0816 群馬県伊勢崎市西上之宮町131-1
  • Tel/Fax 0270-25-2504/0270-23-7239