心不全

  • Q1 心不全とは? どんな症状?
  • Q2 心不全の原因は?
  • Q3 急性心不全と慢性心不全
  • Q4 心不全の治療は?

A1 心不全は単一の病気・病名ではなく,心疾患や一部の肺疾患が原因となり心臓のポンプ機能が損なわれ, 全身の臓器に必要な血液が運ばれなくなった状態の総称です( 日本循環器学会と日本心不全学会による『心不全の定義』はこちら

一般的には安静時には症状がなく,運動すると息切れするのが特徴です (労作時息切れ) .あお向けになると症状が出現するのも特徴です (起座呼吸) .重症になるほど軽い運動で症状が出現するようになり, 安静時にも息切れを自覚する場合は非常に重症です.

A2 心不全には必ず以下のような原因疾患があります

A3 急性心筋梗塞のように心臓のポンプ機能が突然低下し心不全を発症する場合を急性心不全と言います

このような方が治療により日常生活に支障がない状態まで回復しても,これは心不全が治った訳ではありません. これは心不全が治療によりコントロールされている状態であり慢性心不全と言います (一生治療が必要です) .慢性心不全の方が何かをきっかけにして心不全のコントロールが急激に悪くなった場合を慢性心不全の急性増悪と言います.

A4 心不全の治療は,原因疾患の治療と心不全状態に対する治療とに大きく分かれます

  • 原因疾患の治療
  • 心不全に対する一般療法
  • 心不全に対する薬物療法

 


  • 〒372-0816 群馬県伊勢崎市西上之宮町131-1
  • Tel/Fax 0270-25-2504/0270-23-7239