循環器病の検査−心電図

当院では患者さんの身体情報(身長,体重,体脂肪率,血圧など)や検査結果(血液・尿検査,レントゲン,心電図,超音波など)を電子化して診療に役立てています.

健康診断で「心電図異常」を指摘される方はたくさんいます.「異常Q波」「ST低下」「ST上昇」「平低T波」「陰性T波」「高電位」「左室肥大」「期外収縮」「心房細動」「房室ブロック」「右脚ブロック」「左脚ブロック」,等々,様々な異常所見があります.ただし,心電図による心臓病の診断には限界があり,健康診断受診時の心電図が正常なら心臓に全く病気がない,とは言い切れないし,逆に心電図で所見があれば必ず何らかの心臓病がある,ともいえません.あくまで心臓病のスクリーニングという位置づけの検査です.心電図で異常を指摘され精査が必要とされた場合には必ず専門医療機関を受診して下さい.必要に応じて下記のような検査(医療機関以外での心電図記録)や,心臓超音波検査(心エコー),その他を施行します.

心電図の比較

心電図の比較

 

不整脈虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)で通院している患者さんには定期的に心電図検査を行い,必要に応じて過去の心電図と比較します.この際,心電図が電子化されていると瞬時に比較可能です.上の図ではコンピューターのモニターに2回分の心電図が表示されています.左が心房細動(しんぼうさいどう)の発作が起きた時の心電図,右が1週間後,正常に回復した時の心電図です.

24時間ホルター型心電図検査

24時間ホルター型心電図検査

 

24時間ホルター型心電図検査

 

動悸の原因を調べるのに有用な検査です.動悸を感じて心配になって医療機関を受診しても,受診時に動悸の症状がないとなかなか診断できません.こういった患者さんの動悸の原因を診断するために24時間ホルター型心電図検査が有効です.この検査では1日分の心電図を記録することにより,症状のある時の心電図変化を捉えられる可能性が高くなります.また,1日およそ10万回の心拍のうち,不整脈がどの位の頻度で出現しているか,といった情報も得られます.上の図は私が仕事中に動悸を感じた時の心電図です.期外収縮が多数認められ,動悸の原因が不整脈であること,1日およそ500回程度の期外収縮が出現し,多発する時間帯とそうでない時間帯がある,ということ事が分かりました.

検査方法
 第1日目:心電図の電極を胸に貼付け,小さな記録装置 (下:ほぼ実物大,約110g) を腰のベルトにつけます.その後は通常通りの生活をしてもらいます (入浴は出来ません) .

ホルター型心電図記録装置

第2日目:24時間後に再び受診して,電極と記録装置を外します.記録装置の内容を30分ほどで解析して結果をその場で説明します.

携帯心電計

24時間ホルター型心電図検査を施行しても[検査した日にはたまたま症状がなく]診断がつかない事があります.このような場合には,症状のある時に患者さんが自分で心電図を記録するための携帯心電計を1週間貸し出します.期間が長いので24時間ホルター心電図に比べて動悸時の心電図を捉える確率が高くなります.

携帯心電計の記録

上の図は今年のお正月中に私が動悸を感じた時の心電図です.1月2日(3段目)と4日(5段目)で期外収縮(矢印)を認めます(4日の心電図は記録の仕方が悪く波形が乱れています).

検査方法
 装置(下図:約140g)を常に携帯し,症状が出現したら,装置の電極を左胸に押しつけてボタンを押すと以後30秒間の心電図が記録されます.繰り返し何回も記録できます.1週間後に再受診して頂き,コンピュータで記録内容を読み取り(15分程度)結果をその場で説明します.

携帯心電計

 

24時間ホルター心電図,携帯心電計,それぞれ長所短所があり,患者さんの症状によって使い分けています.

 

(この頁に紹介してある心電図データは作図,ホルター型心電図,携帯心電計の解析図は当院院長が被検者となっています)

 

△このページのトップへ戻る


  • 〒372-0816 群馬県伊勢崎市西上之宮町131-1
  • Tel/Fax 0270-25-2504/0270-23-7239